SEARCH THIS SITE.
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
INSTAGRAM
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
<< Tightbooth® SUMMER 2017 SPOT ITEM | main |
ER magazine No.13

TIGHTBOOTH PRODUCTIONから発行しているスケートマガジン「ER」の最新号No.13が9月2日(土)に発売決定致しました。

ER No.13
Cat : TBPR-MAG-013
¥600(+tax)
2017年9月2日(土)発売
124ページ フルカラー
H275mm× W205mm

 

Shin Sanbongi |BS Noseblunt|Photo by Koseki / Paint by Koji Yamaguchi

 

::CONTENTS::

 

SKATER:Shin Sanbongi

Polar Skate Co.のライダーであり、現在国内において最も脂ののったスケーターのひとり、三本木 心。若くから馴染んだトランジションのスキルに加え、近年はストリートへの対応力も身につけた。活動の域はもはや日本にとどまらない彼の過去・現在・未来に迫るインタビュー。

 

SKATER:Laurence Keefe

世界中を旅するVISUALTRAVELINGの一員として来日後、東京に移り住み6年が経ったローレンス・キーフ。日本と海外のスケートボード業界の架け橋となるなど裏方としても重要な役割を担っている。2017年にEvisen Skateboardsにプロライダーとして加入。イギリス人の彼が送る東京ライフストーリー。

 

SKATER:"HAL" Shinsuke Haruta

大阪を拠点に日本全国のストリートをヒットし続けるHALこと春田 真佑。自身も初の特集で、彼の行動力と様々な環境に対応出来るスキルをここで見ることが出来るはず。

 

CINEMATOGRAPHER:Patrik Wallner

世界中への旅とスケートボードをベースに映像作品を発表し続ける、VISUALTRAVELINGの主宰者。個人名義での作品から大手企業、プロダクションとの共同制作など幅広い活動で注目を集めている。

 

PHOTOGRAPHER:Grant Brittain

‘80年代からフォトグラファーとして活動し、The Skateboard Magを創刊してきた。スケーターなら一度は見たことのある有名な写真もこのレジェンドフォトグラファーによって撮られたもの。

 

ARTIST:Koji Yamaguchi

自身スケーターであり、国内外のフェイマススケートスポットの風景画を描くオリスタこと山口 幸士。現在はNEW YORKを拠点に活動を続けている。

 

SKATE PARK BUILDERS:MBM

渡辺ユウジや橋本シュンなどリアルスケーターによって構成されているパークビルダー集団。近年、日本各地に増え続けているコンクリートパークの多くを手がけ注目を集めている。

 

BRAND:CODA

NYのデッキブランド"CODA" リアルスケーターが作り出すプロダクトへの拘りと毎回独特なタッチでリリースされるボードグラフィックなどを手がけるアーティストについてPat Smithへインタビュー。

 

PROOF

Iseki, Shinsaku, Muraken, Joji, Yuichi Ohara, Marimo, Simoyan, Masa, Shohei. フォトグラファーのグラビアページ。これまで以上にボリューミーな内容でお届けします。

 

NINJA ATTACK:Shinpei Ueno

セキュリティーの厳しいスポットでの撮影遂行に焦点を当てる。現場をこなしてきた面子による攻略法もご紹介。何が起こるか予測不可能なストリートスポットでのドラマをお楽しみに。

 

HOW TO:Kento Yoshioka

ノーコンプライなどのオールドトリックを融合させニュートリックを生み出す注目の若手を講師にAR機能も搭載し、紙面と映像で分かりやすくHOW TO (AR機能搭載)。

 

 

TOUCHER:ODN22MAN A.K.A おでんツンツン男

昨年、世間を騒がせた「おでんツンツン男」にインタビュー。興味本位で聞いたてみたら想像以上にシリアスだった、おでんツンツン事件の真相。

 

DOCTOR VX1000:Keishiro Takashima

HD化が進む現代にもかかわらず未だ人気を誇る名機SONY DCR-VX1000。発売から20年以上が経過し、すでにメーカーでは修理受付も終了している。故障やトラブルが多いがもはや自分で直すしかない当機について直し方をレクチャー。

 

LETTER:Rich Adler

昨年まで日本で活動していたTRAFFICのプロライダーRich Adlerは現在地元フィリーへ戻り、母国での日々を過ごしている。新企画「レター」では、遠い地で暮らすスケーターの今を綴ってもらう。

 

BLUE CORNER:Ayahiro Uratsuka

福岡の久留米が生んだ新星。あの宮原聖美を生み出した福岡・久留米から新たに現れたとんでもない若手をピックアップ。

 

PRODUCT:シューズ、デッキ、アパレル、グッズ等の紹介ページ。

 

 

| skate | 21:22 | - | - |